東京喰種:re 8巻(ネタバレあり)の感想や考察

kanekitti2.PNG

先日9月16日についに「東京喰種:re 8巻」が発売されましたね!

私はずっと楽しみにしていましたので、
9月16日の0時になってすぐに電子書籍を買って読みましたw

前回の「東京喰種:re 7巻」は

六月が捕まり、流島へ救出に向かう瓜江たち、

ヒナミ達がコクリアを無事脱出できるよう有馬と戦うカネキ

そして旧多とエトの闘い

などなど行方が気になるところが多かったですよね!

今回は「東京喰種:re 8巻」の感想などについて書かせていただきます。

※この記事はネタバレを含みますのでご注意ください。

スポンサーリンク




「東京喰種:re 8巻」にて旧多がエトを・・!?(ネタバレあり)



huruta.PNG

プレスからコクリアを脱出しようとするヒナミやトーカ達。

プレスを作動させ、脱出を阻止しようとする旧多だが、
そこでまさかのエトが旧多の前に立ちはだかりヒナミ達を救う。

という場面までが「東京喰種:re 7巻」でしたね。

ここから「東京喰種:re 8巻」のネタバレになります。

特等レベルの「V」のメンバーを引き連れてた旧多でしたが、
さすがはエト。特等レベルの「V」のメンバーが瞬殺。

壁際に追い込まれ、必死に謝る旧多。

聞く耳を持たないエトがそのまま旧多にとどめを刺そうとするが、
まさかのそこで旧多に反撃を受けます。

不適な笑みを浮かべながら赫子(かぐね)を出すあのシーンは印象的でした。

しかも旧多、意外にめっちゃ旧多強い。
あのエトを一方的に倒してしまいます。

ボロボロになったエトが旧多に

「V...和修も意に介さない お前はなにを望む...?」

と尋ねるのですが、それに対して旧多は

「超平和」 と答えます。
エトも言っていましたが、なんじゃそらって感じでしたねw

まず旧多が赫子(かぐね)を使えるのはなんとなく予想はついていましたが、
カネキと同じくリゼの赫子(かぐね)を持っているとは思いませんでしたね。

というか旧多はどこの誰の味方なのでしょうか?
「V」でもなく「ピエロ」にも気まぐれで属していた感じですよね。

もしかして意外にイイヤツだったりするんですかね?
旧多の本当の目的が気になるところです。

ともかく旧多の謎がさらに深まりましたね。


「東京喰種:re 8巻」にて久々にクロナが登場(ネタバレあり)



kurona.PNG

流島にてミザとの死闘を繰り広げる半兵衛。

死闘の末にクインケ「銀髑髏(ぎんどくろ)氏」の力を借りて
なんとかミザを打ち負かす半兵衛だったが、そこにクロナが現れる。

クロナの登場は「東京喰種」にて加納の屋敷で什造に
クロナと双子のシロナを瀕死の状態にされた以来ですね。

なんとか抵抗する半兵衛ですが、クロナの強さにかなわず、遂に追い込まれてしまう半兵衛。

追い込まれた半兵衛はクロナに

「なぜアイツについていく?アイツは命なんてどうとも思っていない
  オマエ見捨てられたんじゃないのか?」

と聞かれ、半兵衛は

「3点誤解を訂正
   ひとつ 喰種捜査官は 上司に追従するのは当然至極 そこに忠誠の有無は関係なし
   ふたつ かといえわたくし阿原 鈴屋特等に対する忠誠満点にございます。
   みっつ ...鈴屋先輩は部下を見捨てません」

とそこに鈴屋が登場!

什造かっこよすぎですね!

ほかの鈴屋班のメンバーもそろいクロナを追い詰めます。

ミズロー、そして御影がクロナに攻撃を加え、最後に什造がとどめを...
と思いきや什造がクロナの反撃を受けてしまいます。

しかもジェイソンも壊れ、反撃された箇所は心臓付近..
はたして什造は無事生きているのでしょうか?

什造の生死については「東京喰種:re 9巻」の発売を待つしかなさそうですね。


「東京喰種」での什造は「死とかそういうのは気にならない」と言っており
死や生に無頓着でしたが、

「東京喰種:re」に入ってからは仲間の命を大切にするようになり、
本当に成長しましたよね。


鈴屋班は私の中の「東京喰種:re」での癒してき存在で
特に什造と半兵衛はお気に入り。

そんな半兵衛がクロナに追い詰められるシーンを読んでいるときはずっと
「え、半兵衛死んじゃうん?死なへんやんな?」と心配してたので
什造の登場は本当にうれしかったですw

でも今度は什造が・・
「東京喰種:re」はキャラがたくさん死にますが、鈴屋班のメンバーはできれば死んでほしくないな..


スポンサーリンク





「東京喰種:re 8巻」での六月とトルソー(ネタバレあり)



mutuki.PNG

「東京喰種:re 7巻」で流島でトルソーに捕まった六月。
手足をなくしてしまい、逃げることもできず拷問を受け続ける六月でしたが

「東京喰種:re 8巻」では
なぜトルソーになってしまったのか悲しい過去を六月に明すトルソー。
その過去を聞き、自分を拷問するトルソーに同情を抱く六月だったが、

トルソーに突然どこかで連れていかれそうになる六月。
自分が殺されるのではないかと必死に抵抗するが、アタマを打ち付けられ
気が遠のく中で六月は自分の過去を思い出す。

家族を喰種に殺されたことになっていた六月だったが
実際は家族は自分が殺していたこと。

またアカデミー時代にそこらへんにいた猫を楽しみながら殺していたこと。

オークションに潜入し、カナエに重症を負わされ、
傷の回復のために捜査官を食べていたこと。

その過去は六月には受け入れがたいもので自分に嫌悪感を抱く。
そして自分の過去を思い出し、気が付いたときには

目の前にトルソーの胴体だけが。
自分がトルソーを殺したことも思い出し、正気を失う六月。

瓜江が六月のいた場所へたどり着いたときにはもう六月の姿はそこにはなかった。

やはり以前予想していたように六月は闇落ちしましたね。
しかもカネキとは別種の闇落ち。

トルソーが殺された現場には「舌」だけが見つからなかったと書いてましたが、
これもまたなにかの伏線ですかね。

もしかしたら、

とあるときから「舌」のない死体が見つかりだし、
それが実は闇落ちした六月の仕業だった。
そしてその真実に気付いた瓜江が六月の討伐に向かう・・

なんて展開になったりするかもしれないですね。




「東京喰種:re 8巻」でのカネキと有馬の闘い(ネタバレあり)



kanekitti2.PNG

「東京喰種:re 7巻」では有馬の圧倒的な強さに歯が立たず、
一方的に打ちのめされるカネキ。

もういっか・・・と諦めかけたその時、アタマの中にヒデが現れ
「かっこ悪くても、いきろ」と言われる。その言葉に力をもらい、再度立ち上がるカネキ
ってとこまででしたね。

「東京喰種:re 8巻」冒頭で有馬に笑いかけるカネキ。

このときには髪の色は白に戻っていました。
ハイセから完全に元のカネキに戻ったということでしょう。

カネキは自分が死にかけたときに見るいびつな景色の中のリゼやヒデは
自分自身が「逢いたい人」や「言われたいこと」を考えていただけで、

カネキ自身が 生きたい と望んでいたことに気付く。

自分の弱さや想いにを受け入れ、再度有馬に立ち向かうカネキ。

死闘の末に梟のクインケを砕き、有馬を打ち破る。
しかし有馬は闘いをやめようとせず、砕けたクインケで闘い続ける。

そんな有馬に対して

「勝負はもうついている。こんなこともう..むなしいだけだ。」
とカネキが言い放つ。

そして有馬は

「本当にトドメを刺すつもりはないんだな」

と聞き、カネキが

「気持は変わりません」

と答えた途端自分の首を切り自害する。


有馬が自害するんは予想外の展開でしたね。
そして庭出身者は全員「半人間」で、身体能力が高いが、寿命が短い。
という新たな真実も明らかになりましたね。

「東京喰種:re 8巻」にて丸手が和修に(ネタバレあり)



和修家が喰種と疑った丸手は和修吉時のこめかみを銃で撃つ。
これがただの人殺しであってほしいと願う丸手だったが

「失望したぞ マル」と喰種の姿をあらわにし、立ち上がる和修吉時。

丸手の願いもむなしく、吉時が喰種であると確信を持ち。
これまでの吉時との思い出がすべて嘘だったのかと嘆く丸手。

そして次のシーンでは丸手の姿はそこになく、クインケで殺された和修の姿が。


まさか丸手が和修にたて突くとは思いませんでした。
丸手は「殉死」したと報告されていましたが、なんとなく生きてる気がするんですよねー

それより気になったのが丸手が永近(ヒデ)のタレコミで和修を疑ったというところです。
やはりヒデは生きている可能性が高いですね。

でももしヒデが生きているのだとしたら、
丸手と和修のやり取りはヒデの思惑で、丸手はヒデに踊らされたってことになりますよね。

そうなるとヒデが悪役ってことになってしまうんですよね・・・
ネタバレ・考察系のサイトでヒデは黒幕と言われていますが、
できればヒデはいつまでもいいやつでいてほしいですよね。

「東京喰種:re 8巻」にて隻眼の王が明らかに!(ネタバレあり)



旧多に敗れボロボロのエト。
そんなエトが這いつくばりながらもカネキの元へ。

そしてエトが

「青年、殺しただろう?隻眼の王は
  私と、隻眼の王(有馬)があたためておいた王座、
         座すも壊すも君次第だ、カネキケン」と。

つまり隻眼の王とは有馬だったんですね。
そしてその隻眼の王を殺したカナキが、次の隻眼の王となったということですね。

隻眼の王となったカネキは果たしてどう行動していくのか・・



まとめ

今回の「東京喰種:re 8巻」ではいろいろなことが明らかになりましたね。

有馬の正体や、隻眼の王の正体。そして和修の正体。
いろいろな謎が明かされ、さらに今後の展開が楽しみになってきましたね!

あと個人的にはおまけ?であった月山が働く話が好きでしたw
あのテンションの月山はやっぱり最高ですねw

関連記事

→ 東京喰種リメイク版でヒデの重大なネタバレが!?
→ 東京喰種の実写化に小栗旬の出演が決定!?
→ 東京喰種の実写化版は秦野駅で撮影されている?
「東京喰種」有馬が死んだ!?(ネタバレあり)
東京喰種:re 8巻での有馬との闘いの行方(ネタバレあり)